関東甲信越大会2日目
 去る7月20日、読売理工専門
学校にて、「中学高校ディベート
選手権大会関東甲信越地区大会」

2日目が開催されました!!
SN3E0135

 今回は、初日で全国出場が決定
した中高2校の決勝戦と、残りの
全国出場枠をかけて、それ以外の
高校がトーナメント形式で熱い
舌戦を展開しました!!

「たま。」のメンバーは
 今回、「たま。」からは
ジャッジを2名派遣しました。 

鎌倉学園高校は…
 「たま。」が支援してきた
鎌倉学園は、奇しくもトーナメントで、
春から、共に練習試合をしてきた、
女子聖学院高校と全国出場を賭けて
試合をしました。

激戦の末、判定は2対1

女子聖学院高校の勝利でした。

全国出場まで、あと一歩・・・。
鎌倉学園高校弁論部の皆は
この日まで、色々忙しい中、
準備や練習を本当に良く
頑張ってきたと思います。

惜しくも、全国出場はできません
でしたが、努力が評価され
「奨励賞」を受賞しました!!
鎌学

今年の夏は終わりですが、
これからもディべートを
続けていって欲しいなと
思います。

全国出場校決定!!
 今回の大会、勝利に沸く学校、
涙を飲む学校、様々なドラマが
展開された中で、トーナメントの結果、
高校6校、中学4校の全国大会への
出場が決定しました!!

高校の代表校を紹介したいと思います。

優勝:創価高校(東京)
ディベート甲子園全国大会でも
過去5回の優勝を誇る名門校です!
創価高校

準優勝:早稲田大学高等学院(東京)
こちらも全国出場の常連校です!
早大学院

3位:早稲田大学本庄高等学院(埼玉)
全国初出場、埼玉からの出場は
10年ぶりという快挙です!!
早大本庄

4位:開成高校(東京)
2人チームの中、一生懸命準備を
しての全国出場。努力の勝利ですね。
開成

5位:渋谷教育学園幕張高校(千葉)
千葉唯一の代表校です。手厚い
反駁を展開していました!
渋幕

6位:女子聖学院高校(東京)
女子聖メンバーは中学時代から
4年目で悲願の全国出場を勝ち取った
そうです。全国でも悔いの無いよう
頑張って欲しいです!
女子聖学院

◆全国大会へ…◆
 以上の高校6校と中学4校
関東地区の代表として、
「第14回中学・高校ディベート選手権
全国大会」
に出場します。

 関東の代表として、出場する学校の
皆さんには、負けてくやし涙を飲んだ
学校の皆さんの分も、一生懸命、
悔いの無いよう戦いきって、この夏
一生の思い出を築いて欲しい

そんな願いで一杯です。

 負けた学校の皆さんも、ディベートを
できる環境高校・大学・社会人になっても
あるので、是非、続けていって欲しいなぁと
思います。