毎年、ご好評頂いている、「2立形式のディベート入門講座」を、今年も下記の要領で、公開講座として行う運びとなりました。

 練習問題やモデルディベート等を交えながら、実践的に2立形式のディベートの基礎について学べる機会を3部形式にて提供したいと思っております。

 また、今年は日米交歓ディベート日本代表としてディベートの本場アメリカにてディベートを学んできた佐藤氏をゲストに迎え、「クリティーク入門講座」を第3部に開催します。

詳細は次の通りです。
 

【2立形式ディベート公開講座2019】

<目的>
2立形式のディベートの基礎を理解を促すことで、JDA日本語ディベート大会への出場・観戦の敷居を下げる。

<日程>
2019年9月1日(日)

<会場>
阿佐ヶ谷地域区民センター 第6集会室
(JR総武線「阿佐ヶ谷」駅より徒歩2分程度)
 
<内容>
◆第一部 2立形式ディベートの基礎(理論編)
 担当:武田(ディベートクラブ「たま。」主宰)

「立論1回形式と2回形式の違いを学んだ上で、2回立論形式で時折みられる戦略として、
否定側から提出するトピカリティ(論題充当性)、カウンタープラン(対抗政策)等についての基本的な考え方を練習問題等を交えながら学びます。
 また、午後には実際のモデルディベート(模擬試合)を観戦し、実際の試合の雰囲気を掴みます。JDA大会に初めて出場・観戦する方におススメの内容となっております。」

◆第二部 2立形式ディベートの基礎(実践編)
 担当:松田(ディベートクラブ「たま。」ディベートチーフ)

「二立の理論を学んだ上で、実際にどのように議論を構築するか。また、スピーチをしていくかなど実践的な知識について扱います。第一部の内容を聞いていただいた上で、試合や大会に実際に出場し、試合をする上での要点について解説いたします。
初めて二立の大会に出場される方、また、二立の大会に出場経験があるものの、実践の基礎的なTipsを再確認したい方にオススメの内容になっております。」

◆第三部 クリティーク入門講座
 担当:佐藤氏(第20回JDA秋季大会優勝、JDA2018年度 日米交歓ディベートツアー日本代表)

「【メリット/デメリット以外の「何か」を議論するディベート】
ディベートの勝敗は論題が肯定されたのかどうかで決まります。私たちは普段メリット/デメリットを議論することで論題の是非を争いますが、他の「何か」によって論題の是非を決めることはできないのでしょうか?
この講座では日本でまだ浸透していない、アメリカディベートの議論法である「クリティーク」についての解説を試みます。
クリティークはメリットデメリットを議論しない代わりに、「それら以外のあらゆること」を議論します!論題の根底に潜む考え方からディベートの在り方そのものまで、あらゆる事柄を議論の射程に捉える。そんなクリティークディベートの世界をぜひ覗きに来てください!」

<タイムテーブル(予定)>

 9:00 受付開始
   
 9:10 第一部 2立形式ディベートの基礎(理論編) 担当:武田
       ・1立形式ディベートと2立形式ディベートの違い
       ・トピカリティ入門
       ・カウンタープラン入門

11:40 昼休憩(30分)

12:10     ・モデルディベート観戦

13:10 第二部 2立形式ディベートの基礎(実践編) 担当:松田

14:10 第三部 クリティーク入門講座 担当:佐藤

16:40 質問会

17:00 解散


<応募資格>
特になし。
※ただし、1立形式のディベートの基礎を理解している前提での講座となりますのでご注意ください。

<参加費>
学生500円/社会人1000円

※当日受付にてお支払いください。

<申し込み方法>
下記、申込フォームより申込をお願いします。

※団体による申し込みの場合は取りまとめて代表者から申し込みをお願いします。

<その他注意事項>
・締切は 2019/8/25(日) 24:00までです。

・申し込み多数の場合は誠に勝手ながら
 〜監通して参加の方優先、
 ∪菽綵
…にて締め切らせて頂きます。

 以上です。たくさんのご参加、お待ちしております。
main