第10回全日本
      学生ディベート大会開催
 去る12月4日(土)、5日(日)
2日間に渡り、全日本ディベート連盟
(CoDA)、読売新聞社主催
で、
「第10回全日本学生ディベート選手権
大会」
が開催されました!
101204_1302_01
▲会場の中央大学。晴天に恵まれての大会でした。

 同大会は、大学生・専門学生版
「ディベート甲子園」
とも言うべき大会で、
「日本は代理出産を認めるべきである。」との
論題の下、全国各地を代表して、北は金沢、
南は長崎から、全18チームが参加しました!

◆大会1日目

 1日目は参加チームを3ブロックに分けての
予選リーグ。
TS3R0012
▲控え室の様子。各々、準備にいそしんでいました。

 予選リーグは総当りで5試合を行い、
各ブロックの上位2チームと3位チームの
中の上位2組
が決勝トーナメントに進む
という形式で行われました!

 この日は、中央大学多摩キャンパスにて、
予選の4試合目までが行われました。

 初日は、全勝チームは1チームのみと、
大混戦の様相を呈して幕を閉じました。

大会2日目
 2日目は予選リーグ第5試合及び、
決勝トーナメント国立青少年記念
オリンピックセンター
にて行われました。

予選の結果、決勝トーナメントの組み合わせは
次のようになりました。

D-Net B(創価大)          ┐
D-Net A(創価大)          ┘┐
ITB-THI(東大)            ┐┘┐
中央大・筑波大連合チーム      ┘ |─ 
s.y.2030(東大・創価大)       ┐ |
ITB-TO(東大)                        ┘┐┘
赤い彗星ひよこ(中京大・南山大)  ┐┘
D-Net C(創価大)           ┘

8チーム。大学生全国一の座を巡り、
各団体が熱い舌戦を繰り広げました!

決勝戦
 激戦のトーナメントの末、決勝戦に
勝ち残ったのはD-Net BITB-TO
2チーム。

 両チーム共、JDA大会でも上位に
食い込む程の強豪校同士の対決と
なりました!

勝利の栄冠は・・・
 抽選の結果、東大が肯定側、
創大が否定側で試合が行われ、
判定は5人のジャッジに委ねられました!

 ・・・大接戦の末、ジャッジの判定は
4対1

肯定側の東大弁論部が優勝を
勝ち取りました!!

主な結果は次の通りです。

優勝:東大弁論部
準優勝:創価大学ディベートネットワーク
3位:中京大・南山大連合チーム
   中央大・筑波大連合チーム

奨励賞:芝浦工大・筑波大連合チーム
     金沢大学ディベートクラブ

 大学生・専門学生版「ディベート甲子園」
ということで、大々的に開催されたのは
今回が初めてでしたが、多くのディベート
甲子園出身者や大学からディベートを始めた
若人が懸命に議論をしている姿は非常に
印象的でした!
TS3R0015
▲大会終了後。
どのチームも、2日間懸命に戦いきった充実感がありました。

 来年以降も是非、多くのディベーターの
青春の晴れ舞台になって欲しいと思います。

「たま。」は?
 今回、「たま。」としては、同大会に3名
ジャッジとして参加をしました。
101204_1928_01
▲ジャッジの濱本先生。

 また、大会前に芝浦工大・筑波大
連合チーム
への議論アドバイス等の
支援活動を行いました!
TS3R0016
▲支援した「チームF」。今大会では、今までで
一番良いディベートができたようです。

 今後も、日本語ディベート界発展のために
尽力していきたいと思います。