ディベートクラブ「たま。」

東京都内を活動場所にして、
社会人や学生を中心に楽しく、和気あいあいと、
競技ディベートを行っている団体です★
どなたでも参加いただけます

支援活動内規

ディベートクラブ「たま。」では、支援活動を円滑に行うため、
次の『支援活動内規』を定めています。(2009年9月12日発効)。
 
ディベートクラブ「たま。」支援活動内規
第1条(ディベート支援活動)
ディベートクラブ「たま。」(以下「たま。」と表記)は、日本語ディベートの普及、発展のため、他団体の要請により支援活動を行う。

第2条(支援活動の内容)
本内規での支援活動はとは以下の内容を指すものとする。
ただし、個人で引き受けたものに関してはこれにあたらない。
 (1)各種ディベート大会の審判及びスタッフ
 (2)ディベートに関するレクチャー
 (3)大会出場を目指すディベートサークル等の継続的指導
 (4)メール等、webを介した議論のアドバイス
 (5)その他、日本語ディベート普及に関する活動

第3条(内規の目的)
本内規は、「たま。」のディベート支援活動が円滑かつ、問題なく遂行されるよう策定するものである。

第4条(支援担当者)
 屬燭沺」に支援活動の依頼があった際は、1つの依頼に対し、依頼を責任を持って遂行するため、責任者を立てる(以下、「支援担当者」と表記)。
∋抉臙甘者は、依頼を滞りなく遂行する責務を有する。
支援担当者は、「たま。」主宰が任命する。
せ抉臙甘者は、定例会もしくは報告書等で、支援活動の成果を「たま。」会員に報告する責務を有する。

第5条(支援活動の方針)
「たま。」の支援活動は以下の考え方、方針に基づいて行うものとする。
 (1)支援を受ける者(以下、「被支援者」と表記)のニーズに合致することを第一の目的として、支援活動を行うよう努力するものとする。
 (2)支援担当者は被支援者の自発性、内発性、創造性を尊重し、被支援者の成長に寄与するものとする。
 (3)支援活動は非営利目的で行われるものとする。

第6条(禁止事項)
「たま。」の支援活動では、以下の事項を禁止する。
支援担当者はこれを遵守しなければならない。
 (1)被支援者の自発性、内発性、創造性、個性を著しく否定するような指導及び行為。
 (2)指導の対価としての金品の授受。ただし、交通費、資料の印刷代等の必要経費はこれに
   あたらない。
 (3)支援者と被支援者の関係を著しく逸脱するような行為。金銭貸借、恋愛、勧誘など、明らかに不適切だと思われる行為。
 (4)支援活動を通じて知り得た、議論や個人情報等を第三者に公開する行為。

第7条(違反者への措置)
〇抉臙甘者が第6条に違反しているか否かの判断は「たま。」主宰が行う。
第6条の禁止事項に該当する行為が行われた場合、「たま。」主宰は、一方的に支援担当者の解任、「たま。」からの除名等の措置を講ずることができる。
B6条に該当する行為が行われている疑惑がある場合、「たま。」主宰は事実関係を調査する責務を有する。

第8条(発効)
本内規は、「たま。」定例会において成員の過半数の賛成があった時から発効する。

第9条(改正)
本内規の改正は、発議があったのち、「たま。」定例会において成員の過半数の賛成をもって改正するものとする。
                         以上。

ディベートクラブ「たま。」のディベートの形式。


ディベートクラブ「たま。」は、主に次のような形式で競技ディベートを行っています。
 

jap_siroディベートの種類
 論証に重きを置くポリシーディベート。
 

jap_siro論題
年度の前半は全国教室ディベート連盟(NADE)が策定する中学・高校論題を用いています。
年度の後半は日本ディベート協会(JDA)が毎年、策定する秋・春の推薦論題を用いています。

また、練習や定例会の都合上、それ以外の論題を扱うこともあります。
 

jap_siro試合のフォーマット
試合のフォーマット(形式)は、以下のように立論1回、反駁2回の形式を用いています。


肯定側立論 6分
否定側質疑 3分
否定側立論 6分
肯定側質疑 3分
否定側第一反駁 4分
肯定側第一反駁 4分
否定側第二反駁 4分
肯定側第二反駁 4分


準備時間:否定側第一反駁前まで1分間
       それ以降2分間

※立論〜論題を肯定(否定)するための
      主要な論点を提出するパート。

 質疑〜相手の議論に質問するパート。

 反駁〜提出された主要な論点に対して、
     反論等を行うパート。
 

 また、これ以外にも、練習や定例会の都合上、「JDA大会」等でお馴染みの立論2回、反駁2回のフォーマットを用いることもあります。
 

 ディベートしている図カラー

「ディベート」で培われる能力。


  ディベートで培われる能力は大別すると、「情報処理能力」
「考える力」「表現力」
に分けられますが、細かく分類すると、
以下の7つになります。

jap_siroリサーチ能力
 リサーチ能力とは、情報を収集し、それを整序して提出する能力です。

 ディベートの試合において、かみ合った議論を行うためには、議論の素材となる情報が必要になります。

 与えられた論題についての知識がなければ、何も議論ができないのは当然の事であるし、ディベートという競技自体が、第三者がその勝敗を客観的に判定するという性質を持っているため、自身の主張をより説得的にするためには、より事実に近いデータを用いる必要があります。

 ディベートの試合に臨む際に、論題にまつわる情報の収集を行うので、情報を集める能力が培われます。

 また、ディベートの試合では、相手の議論に応じて臨機応変な対応が求められることや収集した情報を自分たちの主張に適切に活用するには、情報の整序が必要なので、整序の力が培われます。
リサーチ能力

jap_siro論理的思考力

 論理的思考力とは、物事を筋道を立てて考える能力です。

 ディベートの試合へ向けて情報を収集したとしても、収集した段階ではそれは断片的な知識でしかありません。

 ディベートの試合において、自分たちの主張を説得的にするためには、その情報を組み立て、有効な論理を組み立てる必要があります。
その作業の中で、論理的に思考する能力が培われます。
ronnritekisikou


jap_siro批判的思考力
 これは、物事を批判的に検証する能力です。

 ディベートの試合では、相手の主張に対して、反駁をしなければならないため、相手の論理が正しいかどうか検証することが要求されます。

 また、論理的思考力が養われる過程で、論理の矛盾や飛躍などに気づくようになるので、論理的思考力の養成が批判的思考力の養成にもつながります。

 さらに、ディベートの試合では、選手の意図とは関係なしに、論題の肯定側と否定側にランダムに振り分けられるため、両方の側の立論、反駁を用意しなければなりません。

 そのため、例えば、肯定側の立論が極めて論理的であったとすると、否定側の準備をする際に、その極めて論理的な立論を覆すような反駁を用意する必要が生まれます。

 しかし、そのような反駁ができたとすると、今度は相手にその反駁をされた場合に耐えうるように肯定立論を作り直さねばいけなくなります。

 こうして、議論の準備は堂々巡りを繰り返します。
それゆえに、効率的に論理の検証作業が繰り返され、批判的思考力の養成に寄与するのです。
批判的思考力

jap_siro複眼的な視野
 これは、一つの物事を複数の視点から捉える視点です。

 ディベートの試合では、ランダムに肯定側、否定側が
振り分けられるために、一つの議論が常に二方向の視点から検証されます。

 このため、物事を複眼的にとらえる視点が身につきます。
多角的思考

jap_siro仮想的立場の理解力
 ディベートの試合では、ランダムに肯定側、否定側が振り分けられるため、自分の主義、主張とは関係なく、その仮の立場に立ち、与えられた論題を肯定、もしくは否定する理由を考えなければいけません。

 こうして、試合において、その立場で考え、演じることによって、仮想的な立場で考え、その立場を理解する力が磨かれます。
他者理解

jap_siro合理的意思決定方法
 ディベートは、与えられたテーマに対して、肯定すべきか否定すべきか議論した後、最終的に審判が判定を下さねばなりません。

 この審判の練習が、意思決定を行なう訓練になります
合理的意思決定

jap_siro表現能力
 ディベートの試合は、第三者に向かって、限られた時間の中でスピーチを行うため、表現の選択や声量など、効率的に自分たちの主張を伝達するスピーチが求められます。
表現能力

 また、試合において、相手のスピーチの内容を完全に想定することは不可能なため、臨機応変に対応し、スピーチすること、また相手の主張の要点を迅速かつ正確に把握することが求められます。

 そのため、言語コミュニケーションにおける表現能力、批判的に聞く力が養成されます。

jap_siroどのくらいで能力は身に付くの?
 ディベートも、他のスポーツや習い事と同じで、能力が身に付くまで、相応の練習は必要です。個人差もありますが、頑張った分は、確実に身になります。

 「たま。」
には10年以上ディベートを続けている人もいますが、10年経っても学ぶことや新しい発見があるそうです。

長く続けた分だけ、能力も培われます。

 また、比較的、人前で話すことや、プレゼンテーションなんかは、力がついたのを体感するのが早いようです。

 あなたも「たま。」で一緒に能力を磨きませんか?


<参考文献>

小西卓三、綾部功「ディベートをディベートする」『東海大学外国語教育センター紀要』(22)、東海大学外国語教育センター、2001年

渡部淳「ディベートで何が可能か」『世界』635号、岩波書店、1997年

Welcome!
  • 累計:

メニュー










次回の活動

◆定例会

9/9(日)

13:00〜 東高円寺
セシオン杉並 第7集会室
「定例会」



↓見学希望者はコチラ↓

 


今後の予定!
最近の活動風景。
  • 8月度定例会「日本は死刑制度を廃止するべきである。」
  • 7月度定例会「日本は積極的安楽死を合法化するべきである」
  • 3月度定例会「日本は一院制を導入するべきである。」開催!
  • 3月度定例会「日本は一院制を導入するべきである。」開催!
  • 3月度定例会「日本は一院制を導入するべきである。」開催!
  • 2017年後半の「たま。」
  • 2017年後半の「たま。」
  • 2017年後半の「たま。」
  • 12月度定例会!年忘れディベート会開催!!
  • 12月度定例会!年忘れディベート会開催!!
  • 12月度定例会!年忘れディベート会開催!!
  • 10月度定例会!「日本は一般的国民投票制度を導入するべきである。」
  • 10月度定例会!「日本は一般的国民投票制度を導入するべきである。」
  • 10月度定例会!「日本は一般的国民投票制度を導入するべきである。」
  • たま。の初秋!8月定例会〜9月定例会!
  • たま。の初秋!8月定例会〜9月定例会!
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

マスコットキャラ白田たまの公式HPもあります!→
「たま。」のノウハウが本に!
ネコと学ぶディベートの本 - 日本一やさしいディベートの教科書 (MyISBN - デザインエッグ社)
画像をクリックすると、 主宰がひとりごと言ってます。